HOME > 活動について
活動について
2019〜2020年度 会長指針
2019〜2020年度国際ロータリー会長のマーク・ダニエル・マローニー氏はRIのテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」と定められました。
『ポール・ハリスがロータリーを創設した目的の一つが、見知らぬ街の人々と「つながる」ことでした。それから1世紀以上経った今、創設時には想像もできなかった、友情とネットワークを築くための方法が数多く存在します。それでも、ロータリーにおける「つながり」は独特であり、他に類を見ません。
また、今ではクラブのあり方を、より創造的かつ柔軟性をもって決めることができ、例会の方法や、何をもって例会とするかを検討することも含まれます。
会員増強のアプローチにおいては、組織だった戦略的・革新的な方策が必要です。それにより、より広く、より深く地域社会とつながれるだけではなく、より多様な会員に魅力を感じてもらい、積極的な参加を促すことができるでしょう。』と述べられておられます。
RI会長の指針を受けて、香里園ロータリークラブにおいても、会員増強については、「組織だった戦略的・革新的な方策で、多様な会員に積極的な参加を促す」ように努めてまいります。
受難の季節にあるロータリークラブのありかたとして、1世紀にわたる賢人たちの功績を讃えつつ、また4つのテストに照らしつつも、ロータリーにおけるステータスとは何かを問い直すことが必要ではないかと考えます。
そこで、言葉にすれば陳腐になりますが、「地べたからのロータリー」との思いを念頭におき1年間の活動を行いたいと思います。
25周年の今期、「楽しい例会、楽しいクラブ〝Home Sweet Home〟」「持続性〝継続は力なり〟」「独自性」との香里園ロータリークラブ歴代会長の指針に沿い、小さなクラブの強みでもある、固い結束と友愛を礎に取り組んでまいります。
大まかな今年度の指針としては、次のとおりとなります。香里園ロータリークラブの会員一人一人の力を結集して取り組んでくださいますよう、お願いいたします。
(1)西尾会員増強委員長の下、「2525(ニコニコ)」運動の名称は変われども継続するる
(2)例会日を月3日とし、基本第2水曜は、ゴルフ同好会の活動日並びに会員増強活動日とする
(3)少なくとも年に4回の親睦会を設ける
(4)持続性の有る
①絵本の会
②寝屋川ハーフマラソンへの協力
③寝屋川まつりへの参画
④交通安全運動への協力
⑤その他地域他団体との共同参画
(5)ニコニコ箱の厳格な運用
活動報告
  • 2019.04
    留学生との交流会を行いました。
    詳しくはこちら
  • 2019.04
    岩浅会員が入会されました。
    詳しくはこちら
  • 2019.01
    新年会を行いました。
    詳しくはこちら
2018.12 | クリスマス会
2018.12 | 第10回ゴルフ会
2018.11 | 第9回ゴルフ会
2018.10 | 座禅会
2018.10 | 秋の親睦会
2018.10 | 第8回ゴルフ会
2018.09 | ロータリー交通安全運動
2018.09 | 第7回ゴルフ会
2018.08 | 第1回会長幹事会
2018.08 | 第6回ゴルフ会
2018.08 | 新旧会長歓送迎会
2018.06 | 絵本寄贈
2018.06 | 作って食べて国際交流
2018.06 | 卓話
2018.04 | 第4回ゴルフ会
2018.04 | ミシガン家族会
2018.04 | 桂会員入会
2018.03 | 2018年ロータリーデー
2018.01 | 2018年新年会
2018.01 | 卓話
2017.12 | あかつきひばり園クリスマス会
2017.11 | 11月ゴルフ
2017.10 | 成田山写経
2017.10 | 本石様講演
2017.09 | ロータリー交通安全運動
2017.02 | ロータリー新会員入会式
2017.00 | 国際交流
2017.01 | ロータリー新年家族会
2016.12 | ロータリー絵本会(クリスマス)あかつきひばり園
活動について